モイスティーヌ二子玉川サロンでは、お肌の悩みがある方は、お気軽にお問い合わせください。1日10分のホームケア。イオン導入ならモイスティーヌ二子玉川サロンへ。

お問い合わせ
<<  2017年10月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
センター北サロンのご紹介
採用情報
Q&A
スタッフブログ
モイスティーヌ テレビCM
田嶋美紀のオーナーズブログ
お問い合わせ

田嶋美紀のオーナーズブログ

お客様の体験談 「私の敏感肌とモイスティーヌ」その2  [2014年08月11日]
感動のモイスティーヌStoryその1に引き続き、
 
甲斐さんの体験談その2をご紹介します
 
 
 
 
 
 
 
 
2006年に結婚し、それを機に会社を退職。

翌年には長女の出産のため、
 
東京から遠く離れた実家に戻ることにしました。

 
産前はつわりもあり、なかなかお手入れもできない状況。

産後はそれ以上に毎日慣れない子育てであわただしく、
 
自分のことは後回し… 
 
 
その頃から、ほとんど美容器を使うことがなくなり、
 
たまに電話でアドバイスをもらいながら、
 
週1回程度のお手入れが精一杯という感じでした。

 
 
その後第2子を出産、二人の子育てに追われる日々…
 
2011年から1年半ほどは、主人の仕事でイギリスでの生活。

 
この間の肌というと、
 
CA時代のように、薬が必要な程の重度の炎症はなかったものの…
 
強い乾燥とツッパリ感、そしてひどい時にはほてりとヒリヒリ感が続いていました。
 


またどんどん症状が悪化して、昔のようになっていったら大変…
 
という恐怖から、長い時間をかけて肌のケアをしていました。


サロンで肌を頻繁に見てもらえていた頃は、
 
都度アドバイスをもらいながら、その時々のお肌状態に合った
 
お手入れを続けられていました。
 
 
でも、サロンから離れ、カウンセリングを受けられない環境下では、
 
自己判断での一辺倒なお手入れにどうしてもなっていく傾向にあります。

 
 
特にロンドンでは、「近くにアドバイザーはいないんだから」
 
というプレッシャーから、肌が最悪の状態だった時のケアをやっていました。
 
(つまりこれはかなりの時間とお金のかかるケアだったのです)
 
 

こんなに手間暇かかる大変なお手入れに、
 
こんなに大金をかけても、なかなか調子が上向かない肌をみて、
 
ずっとやり続けられるのか…
 
本当にこのまま使い続けていけばいいのか…

 
 
こどもが産まれる前までは、時間にもお金にも、ある程度余裕がありましたし、
 
何より、独身時代は自分の事だけ考えていられました。

 
 
でも、今は家族もあり、どうしても子どものペースにならざるを得ない。
 
 
「私にはモイスティーヌがある」という安心感はいつしか消え、
 
むしろ、「ほかに信頼できるものがないから仕方なくモイスティーヌ」
 
という気持ちにさえなっていました。


 
 
そして2014年、東京に戻りまたサロンにも通える環境に戻ってきました。

 
 
何年ぶりかにサロンに行った時は、とにかく自分の素肌に自信がなく…
 
これまで費やしてきた時間とお金の割に…
 
「本当に私の肌はよくなるのかな…」
 
そんな思いが長年の間で自分の心の中に住み着いていました。

 
 
今まで自分の中に溜め込んでいた、
 
「肌が思うように改善していない」ことへのストレスとジレンマを、
 
率直にアドバイザーの方に伝えました。
 
 

そして半信半疑ながら、アドバイザーの方の言われたとおりにやってみました。
 
 
お手入れの時間を半分に…
 
使う化粧品の量も半分に…
 
ファンデーションは薄くして、クレンジングを増やしましょう…
 
美容器は短い時間でも少しずつあてていきましょう…

 
 
するとどうでしょう 

 
諦めていた肌が、ぐんと変わってきました。
 
 
モイスティーヌを使って過去最高に好調だった時の肌に、
 
明るさも、柔らかさも、潤いも、はりも…
 
少しずつ戻っていっている気がします。

 
 
やっぱりアフターフォローは大事なんですね
 
 
 
サロンから離れている時間は、本当に不安で…
 
肌が良くならないことにいら立っていました。

 
 
でも今は、またあの時の肌に戻れる!希望の光が見えました。

 
 
肌が変わるだけでこんなに気持ちが前向きになれる!
 
この思いは、きっと誰にもわからないと思います。

 
 
これからは、二子玉川サロンのスタッフの皆さんのご協力のもと、
 
時間もお金も最小限で、最大限に効果を出せるように
 
楽しんでお手入れに取り組んでみようと思ってます。

 
 
そして、もっともっと自慢の肌を手に入れたいと思います

テーマ:ブログ
Posted at 11:40